歯の神経治療(歯の痛みや腫れの治療)

できれば歯の神経は取らずに済むのが一番良いですが、もしそうなってしまった場合は以下にあげる処置をしっかり行わないと、神経どころか歯自体も失ってしまう場合もある、実は大事な治療なのです。

抜髄

虫歯が神経にまで達した場合に神経を取る治療です。歯の痛みがひどい場合、この状態になっていることが多いと思われます。神経を取った管の中を消毒し、薬剤を緊密に充填します。


  • ① 歯髄に達したむし歯

  • ② 感染歯髄を除去

  • ③ 歯髄を除去した空間に充填剤を
      入れ密封

  • ④ 土台となるコアを入れる

  • ⑤ 冠を被せる

感染根管処置

神経のあった管の中が感染すると、根の先に膿を形成します。その管の中を消毒して治す治療です。神経が死んでしまったまま放置され、神経が腐って感染する場合と上記抜髄処置が不十分なため管の中が感染する場合があります。


  • ① 歯根の先に膿が溜まった状態です

  • ② 汚染された組織を除去

  • ③ 消毒薬を入れ蓋をする
      (完全に消毒できるまで繰り返す)

  • ④ 消毒が終わったら充填剤を入れて
      密封

  • ⑤ 土台となるコアを入れる

  • ⑥ 冠を被せる

歯根嚢胞

上記感染根管の状態が継続すると、根の先に膿の袋を形成します。小さいもので小豆大程度、大きくなると鶏卵大になるものもあります。小さい場合は感染根管処置で改善する場合もありますが、大きくなると原因の歯の抜歯と共に外科的な手術が必要となります。

簡単ネット予約 24時間受付中

医院情報

あさの歯科クリニック外観

あさの歯科クリニック
〒470-1141
愛知県豊明市阿野町西ノ海戸24-1
TEL:0562-92-5088

名鉄豊明駅より徒歩1分、
専用駐車場(6台)をご用意しています。

託児が必要な方は、電話予約時に申し出て頂ければ対応いたします。

診療案内

インプラント

ページトップへ